日本のカジノ法案の行方はここだ。オンラインカジノの強風にさらされるカジノ業界

オンラインカジノ

オンラインカジノ

2016年12月に可決した統合型リゾート(IR)整備推進法案、いわゆるカジノ法案はその後どうなったのでしょうか?現在どのような状況にあるのかをこちらでまとめていきたいと思います。

2016年12月に正式名称特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律として安倍内閣のもとで成立したこの法律は、純粋にカジノの設置を認める法律というわけでなく、ホテルやリゾート施設などを含めた統合型リゾート開発を認める中で、その一部としてカジノを許可するという内容になっています。従って、だれもがどこででもカジノを開くことができる、というわけではありませんのでご注意ください。

日本は2020年に東京オリンピックを控え、少子高齢化で国が痩せ細るという難しい状況の中、すでにある歴史的な遺産や優れたサービスを提供することで海外の旅行者を呼び込むという観光による収益の拡大を目指しており、その一環として当該法律が可決されました。

現在もカジノ設立ということに焦点を当てて議論が続けられており、設置場所の検討も各自治体レベルで始まっています。各自治体による調査および収益性の検討の報告を読むと、およそ設置場所は横浜や大阪、東京などの大都市に限定されてきています。

もともと統合型リゾートの開発を行うことが主眼であり、諸外国ではホテルやリゾートにカジノが併設されており、一般的に受け入れられています。規模もそれほど広くはなく、マリーナベイサンズのようなイメージのカジノというものばかりではありません。旅行者が気軽に夜の時間を楽しめる施設という趣旨で設立されています。

現在のカジノの状況ですが、諸外国の有数のカジノは、総本山のラスベガスですら収益が落ちています。インターネットで誰でも簡単にサービスを受けられるようになった今、様々なビジネスが変化しており、カジノの形も例外ではありません。

現在カジノを楽しむ人たちの多くが、オンラインカジノに流入しています。オンラインカジノはインターネット上で楽しめるカジノで、スマートフォンからでも利用できるため、これまでカジノに縁のなかった層の人たちをとりこんで急速にユーザーが拡大しています。さらに詳細はオンラインカジノ (https://www.manekinekocasino.com/)をご覧いただければ概略は掴めるでしょう。

オンラインカジノでは、その合法性から人気のサイトまでを網羅しており、多くの日本からの参加者が楽しんでいるサービスの紹介も詳細に記載してありますので、ご興味のある方はぜひこちらをご覧ください。

日本で導入しようとしているギャンブル規制は日本の経済や観光に良いのか?

前ラジオでインタビューした話題になってる日本で導入しようとしているギャンブル規制は日本の経済や観光に良いのか?をブログにしました。

「こんにちは」

はい、こんにちは

「本日は【日本で導入しようとしているギャンブル規制は日本の経済や観光に良いのか?】と題して、ゲストの方をお招きしてお話をお聞きします。よろしくお願いします」

よろしくお願いします

「まずは、現行の規制状況について教えてください」

ご存知の通り、全てのギャンブルが規制されているわけではありません。オンラインギャンブル違法性はカジノや他のギャンブルと異なります。

競馬、競輪、宝くじ、totoなどは「公営ギャンブル」として認められています。

公営ギャンブルでない「賭博」は、賭博罪によって規制されているという状態ですね。

「そのような規制があるというのに、日本はカジノリゾートを作ろうとしていますよね?矛盾するのではないでしょうか?

競馬でしたら『競馬法』、競艇でしたら『モータボート競走法』、宝くじなら『当選金付証票法』といった風に、各公営ギャンブルに対する「根拠法」が存在します。

そして、いわゆる「カジノ法案(IR法案)」を根拠として、国内にもカジノリゾートを作ろうとする動きが出てきたというわけです。

まあ、実際にリゾートが完成するのは早くても2022年以降になるようですけどね。

そもそも本当に完成するのかも分かりません。

「あれ、でも『ギャンブルを規制する』というような動きもありますよね?

それは主にパチンコの話ですね。極端な表現ですが『日本のギャンブル規制=パチンコ規制』という感じなんですよね。

「パチンコってグレーゾーンですもんね」

その通りです。まあ、パチンコの「ギャンブルとしの違法性」についてはここでは語りませんが「街中にパチンコ店が山ほどある様子」というのは外国人からすれば非常にイメージが悪いです。

2020年に東京オリンピックがありますよね?それも関係しているのでしょうか?

はい、大いに関係がありますね。

東京オリンピックによる経済効果はおよそ33兆円前後になると言われています。

「日本に少しでも大きな収益をもたらす事ができるように」そして「観光客が少しでも増えるように」と、2018年のタイミングで「パチンコ新規制」が導入されたのではないかと予測しています。

実際、日本の経済や観光にとっては大いに良いと思いますよ。

「パチンコは勝ちにくくなった?

その通りです。例えば、以前のパチンコであれば稀に数時間で20万円以上勝てることもありました。

しかし、現在では「4時間で5万円を超えて勝つことのないように」と出玉の量が抑えられています。

「パチンコ人口もパチンコ店も減りそうですね……

そうですね。そうなればこれまで人々がパチンコにつぎ込んでいたお金が、他のところに流れるようになりますから、景気も良くなるのではないかと思われます。

「本日はありがとうございました。最後にまとめて頂いてよろしいでしょうか?

「ギャンブル規制≒パチンコ規制」によって、日本への観光客が増え、経済も潤うことでしょう!

民放ラジオ101局特別番組「WE LOVE RADIO!~山下達郎・星野源のラジオ放談」

なんと!2017年3月20日に山下達郎と星野源がラジオの二人の思いで、そして魅力などを語り合う民放ラジオ101局特別番組『WE LOVE RADIO! ~山下達郎・星野源のラジオ放談』が放送されるよ!
ラジオを何年も長く愛しているリスナー層と、その一方、ラジオに馴染みのないノンリスナー層や若者層のニ世代をつなぐ特別番組になるのです。
ラジオ好きなお二人が幼い頃から抱いていたラジオへの熱い思いを思い出とともに語ってくれるみたいです!
それだけではなく、山下達郎と星野源それぞれがスペシャルライブも披露するそうでかなり豪華な内容になりそうです。